今月のおすすめ(5月)

carp.gif「夏も近づく八十八夜〜♪」
誰もが一度は耳にしたことがある一節ではないでしょう

か。幼い頃、八十八夜の意味もよくわからないままに近

づく夏をイメージしながら口ずさんだ記憶がかすかに残

っている方も多いことでしょう。ちなみに、この歌のタイ

ルは童謡「茶摘み」ですが、タイトルや歌自体に馴染み

があっても、八十八夜自体が何の日なのか、いつか

て八十八夜なのかまではわからない人も多いのではな

いでしょうか。


そもそも八十八夜とは、立春から数えて88日を指し、5月2日頃のことで立夏も近いこと

から霜が降りなくなる時期とされることで農作物の種まきの目安になったり、また、一方

では遅霜が発生する恐れがあるために農家に注意を促す意味があるともされています。

そんな中、「茶摘み」というタイトルが示す通り、八十八夜といえばお茶の季節。この時

期には柔らかくておいしい茶葉がとれ、その頃に摘まれたものを一番茶とびます。お

も煎茶、番茶、玉露など様々な種類がありますがお茶の種類によて適した湯の温度

が異なったりとおいしいとされる淹れ方も様々ですので今年新茶こそは茶葉の選び方

から淹れ方までこだわってみてはいかがでしょうか。


今年はコロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間も多く、例年以上に自宅でお茶を飲む

ことやお菓子を食べる機会も増えていることと思います。

そこで、そんなおいしく淹れたお茶のお供に、だんらん梅しそせんべい」がおすすめ

です。新潟県産うるち米を焼き上げたほんのり甘いせんべいに、さわやかな梅の酸味と

しその香りがよく合います。 さわやかな初夏の季節にぴったりの組合せ、是非お試し下

さい。

10365梅しそせんべい皿盛縮小.jpg

 

 

新着情報

 

2020/5/1    今月のおすすめ更新いたしました。

2020/4/1  今月のおすすめ更新いたしました。

2020/3/2  今月のおすすめ更新いたしました。