今月のおすすめ(5月)

carp.gif「夏も近づく八十八夜〜♪」
誰もが一度は耳にしたことがある一節ではないでしょう

か。幼い頃、八十八夜の意味もよくわからないままに近

づく夏をイメージしながら口ずさんだ記憶がかすかに残

っている方も多いことでしょう。ちなみに、この歌のタイト

ルは童謡「茶摘み」ですが、タイトルや歌自体に馴染み

があっても、八十八夜自体が何の日なのか、いつから

数えて八十八夜なのかまではわからない人も多いので

はないでしょうか。


そもそも八十八夜とは、立春から数えて88日を指し、5月2日頃のことで立夏も近

いことから霜が降りなくなる時期とされることで農作物の種まきの目安になったり、

また、一方では遅霜が発生する恐れがあるために農家に注意を促す意味がある

ともされています。

そんな中、「茶摘み」というタイトルが示す通り、八十八夜といえばお茶の季節。こ

の時期には柔らかくておいしい茶葉がとれ、その頃に摘まれたものを一番茶と呼

びます。お茶も煎茶、番茶、玉露など様々な種類がありますがお茶の種類によっ

て適した湯の温度が異なったりとおいしいとされる淹れ方も様々ですので今年の

新茶こそは茶葉の選び方から淹れ方までこだわってみてはいかがでしょうか。

そこで、そんなおいしいお茶のお供に、「ひとくち抹茶ようかん」がおすすめです。

愛知県西尾抹茶と京都宇治抹茶をブレンドした、風味豊かな抹茶の香りと程良い

甘さがお茶にもよく合います。ひとくちサイズなので食べたい時に、食べたいだけ

食べられ、とても便利です。

 ひとくち抹茶羊かん皿盛画像 (800x533).jpg

 

 


 

新着情報

 

2016/ 5/2  今月のおすすめ更新いたしました。

2016/ 4/1  今月のおすすめ更新いたしました。

2016/ 3/1  今月のおすすめ更新いたしました。