今月のおすすめ(7月)

tanabata.gif 

 

 

日本の夏の風物詩の一つに七夕があります。ところが今では

色とりどりの短冊が吊り下がった笹竹を見られるのも学校や

人が群がる商業施設ばかりで飾っている家庭は少ないようで

すね。昔は笹竹を近所から分けてもらったり、竹藪から取っ

きたり(正確には竹と笹は異なるようですが)と困らなか

ったのに今ではマンション暮らしが増えたり、家の周りに緑が少なくなって手に

入れるのはとても困難になりました。

 

また、特に大人だけの生活を送っている家庭ではにぎやかな光景を目にしても自

分には関わりがないものとしてはいないでしょうか。笹竹が手に入りずらくなった

だけでなく、誰しも子どもの頃は真剣に考え尽した願いごとも大人になると身の丈

に合った現実のことばかりで、悲しいかな、希望に満ちて、夢に溢れる願いごとを

考えることすら忘れてしまいます。子どもの頃に短冊に記した願いごとが何だった

のか思い出すこともできないくらいに夢のない月日を送ってきてしまったことがそ

うさせてしまったんでしょうか。 今年もコロナウイルスの影響で様々な制限が続き

気分も晴れない日が続きますが、明けない夜はないと信じて上を向いて歩いていき

ましょう!

 

今年はそんな世知辛い日々を一時でも忘れて、前向きな気持ちになるために幼かっ

あの頃に戻って、短冊に願いごとを書いてみませんか。書かなければ願いごとは

天の川まで届きませんし、自分の心の中でも段々と意識が薄れてしまいますよ。

 

さて、今月は七夕に関する食べ物をおすすめしようと思って調べてみますと、かつ

ては、その日を祝って素麺を食べたとされるようです。諸説あるようですが、元々

の起源は奈良時代の唐菓子の一つであった索餅(小麦粉、米粉に砂糖を混ぜ、ねじ

りあげたもの)から索麺、そして素麺となったとの説が有力のようです。そこで、

素麺と同じく、この時期、さっぱりと召し上がっていただきたいのがだんらん

選別稲庭うど」です。稲庭うどんというと、お中元などの頂き物が中心の方も多

く高級なイメーを持たれる方も多いと思いますが、当商品は無選別という名の通

り、太さや長さを揃えるための手間のかかる選別工程を省いてその分お求めやすい

価格に抑えております。そうめんと同様にご家庭でもっと手軽に召し上がっていただ

くための一品です。

暑い季節にはつけめんにして、さっぱりと稲庭うどん独特のツルっとした食感、程よ

いコシをお楽しみください。

 60052稲庭うどん無選別皿盛@.JPG

新着情報

 

2021/ 7/1   今月のおすすめ更新いたしました。

2021/ 6/1 今月のおすすめ更新いたしました。

2021/ 4/30 今月(5月)のおすすめ更新いたしました。