今月のおすすめ(1月)

image455.gif

 

 

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年はコロナ禍の中でお祝いムードや言葉ははばかれますが、日頃、葛ヲ和、

だんらん商品を支えてくださっている皆様のご愛顧に、心より感謝申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、お正月にまつわる食べ物といえば何といってもおせち料理は外せませんね。

私達日本人のお正月にはなくてはならないものの代表で、おせち料理の好き嫌い

に関わらず、おせちを口にしないと新年を迎えた気持がしないと思われる方も多

いのではないでしょうか。ところで、日本には昔からそんなおせちもようやく食

べ終えて、年末年始の暴飲暴食で胃腸に疲労がたまった頃に迎える1月7日には

「七草がゆ」を食べる風習があります。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほ

とけのざ、すずな、すずしろの七種類が入った粥を食べてその年の無病息災を祈

念します。

今年はコロナ禍のもと、体調を整えることでコロナウイルスに感染しないことは

もちろんのこと、これから始まる慌ただしい一年に備え、現在の七草の形に辿り

ついた長い歴史を思いながら、7種類の新菜が持つ異なる味わいをじっくり味わ

って心も胃腸も一息ついてみてはいかがでしょうか。

 

そして、そんな七草がゆのようなあっさりした食事のお供にだんらんきゃら

」がおすすめです。強い香りとほろ苦さが特徴の国産山蕗をピリ辛味に仕上げ

ました。元々野菜などを醤油で佃煮のように煮たものがきゃら煮と呼ばれ、きゃ

らぶきはとふきの茎を醤油や砂糖で煮詰めた濃いめの佃煮を指し、昔から保存食

や常備食として食べられている伝統的な一品となります。お粥だけでなく、ごは

んのお供はもちろん、焼魚の付け合せや酒の肴にもおすすめです。

40039きゃらぶきパッケ.jpg きゃらぶき縮小A.jpg

 

新着情報

 

2021/ 1/4   今月のおすすめ更新いたしました。

2020/12/1  今月のおすすめ更新いたしました。

2020/11/2  今月のおすすめ更新いたしました。