今月のおすすめ(11月)

titoseame_s.gif小さなお子さんやお孫さんがいる家庭で11月15日といえ

ば、「七五三」とすぐ反応することが出来ると思いますが、

それ以外の家庭では七五三といわれてみても自分がお

祝いしてもらった当時のことはもちろん、親御さん達のお

祝いのときでさえ、遠い過去の記憶の中という方もいると

思います。しかしながら、街中や神社・お寺で晴れ着や羽

織袴に身を包んだ子供達を見掛けると、今でもなんだか気持ちが華やいできま

すし、おめかしして気分もちょっとだけ大人になった子供達が、お父さん・お母さ

ん・おじいちゃん・おばあちゃんと家族揃ってのお出かけの様子はなんとも微笑

ましい気持ちになりますよね。

 

そんな年中行事の一つとして現在では全国に渡って定着していますが、過去を

さかのぼると元々は関東圏での地方風俗であったとのことです。また、なんで

七・五・三歳の時期にお祝いなのかと調べてみると、元々は七・五・三歳の年齢

に応じて大人の装いをするという習わしの名残りであると言われており、大人へ

の成長の節目としての意味合いが強いものとして定着してきたようです。

 

10736京のおしるこ・くず湯セット(10個)皿盛りA.JPGところで、七五三で食にまつわるものといえば、千

歳飴を買ってもらい、艶やかな絵柄の袋をぶら下

げながら、家で食べてお祝いするというのが一般

的のようですが、地域によっては、7歳を迎えた

11月15日に親類やご近所さんと一緒にお汁粉を

食べるという風習があるとのことです。そこでお勧

めしたいのがだんらんの「京のおしるこ・くず湯セット」で

す。おしるこだけでなく3種類のくず湯がセットになっている

のでお好みものを召し上がっていただき、詣でで冷えた体はぽかぽかと温まりま

す。七五三はもちろんのこと、寒さが日に日に増してくるこの時期に、お子さんか

らおじいちゃん・おばあちゃんまで冷えた体も温まり、家族みんなが楽しめる1品

です。

新着情報

 

2018/11/1  会社概要・今月のおすすめ更新いたしました。

2018/10/2  今月のおすすめ更新いたしました。

2018/ 9/ 3  今月のおすすめ更新いたしました。